ページの先頭です

未成年でなくなる18歳・19歳 もうけ話やエステの誘いに注意!

[2021年7月8日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

令和4年4月から、成年年齢が20歳から18歳に引き下げられます。未成年者が親の同意を得ずに契約(一定金額以上の買い物や口約束を含む)した場合は、民法で定められた未成年者取消権によってその契約を取り消すことができますが、成年になって結んだ契約は未成年者取消権の行使ができなくなります。

現在、10歳代の相談で多いのは、インターネット通販(化粧品、サプリメント等)や有料サイトです。親の同意を得ずに申し込み、高額な請求が来て困ったというものです。

成年になると急に相談が増えるのが副業や投資といった「もうけ話」や、エステティックサービス(脱毛、痩身、美顔等)です。事業者は未成年者に対しては勧誘を控えていますが、成年に達したばかりの契約経験がほとんどない成年者には強引な勧誘が行われることがあります。特に、先輩や友人から誘われると断りにくいものですが、リスクを考え、必要がなければきっぱり断りましょう。契約後でも取り消し等ができる場合があります。まずは生活情報センター(電話番号983-8400)にご相談ください。

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

お問い合わせ

生活情報センター
電話: 075-983-8400 ファックス: 075-983-8401

未成年でなくなる18歳・19歳 もうけ話やエステの誘いに注意!への別ルート

ページの先頭へ戻る