ページの先頭です

特売の健康食品などで集客する商品説明会に注意!

[2020年9月4日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

事例

  1. 母が「健康教室」と称する商品説明会に通っている。販売員の話が面白く、顔見知りの人と会うのを楽しみにしているようだ。初めは100円で卵を買う程度だったが、数十万円の健康食品を買うと言いだした。(40歳代・女性)
  2. 近所の高齢者が健康食品の店に集まっている。行くたびに商品購入に使えるポイントがもらえるようで連日通っていたところ、薬より健康にいいと言われて何十万円もするネックレスを買ってしまい後悔している人がいる。(50歳代・女性)
  3. コロナ禍で3密を避けようといわれているのに、3密で説明会をしている店がある。注意をよびかけてはどうか。(20代・男性)

アドバイス

 上記のような販売方法は「SF商法」、「催眠商法」といわれ、店内の雰囲気を盛り上げて催眠状態になった来店者に商品を販売することを指します。そのような場所に通っているうちに勧誘を断るのが難しい状況が生じるため、安易に近づかないことが大切です。勧誘されても不要な商品はきっぱり断りましょう。購入後でも領収証や明細があれば返品できる場合がありますので問い合わせてみましょう。また、コロナ禍の状況で「健康」のために3密会場に行くのは本末転倒です。感染症予防を心掛けましょう。困ったことがあれば生活情報センターにご相談ください。

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

お問い合わせ

八幡市役所 生活情報センター
電話: 075-983-8400 ファックス: 075-983-8401

特売の健康食品などで集客する商品説明会に注意!への別ルート

ページの先頭へ戻る