ページの先頭です

新型コロナウイルスに便乗した悪質商法にご注意!

[2020年5月8日]

事例

(1)市のコロナウイルス対策室を名乗る電話があり、助成金を振り込むからと、口座番号とキャッシュカードの暗証番号を聞かれた。

(2)携帯電話会社名で、新型コロナウイルス関係の助成金があるとのメールが届いた。

(3)自宅の固定電話に「新型コロナウイルスの無料検査が受けられる。マイナンバーが必要なので、今から自宅に行く」という電話があった。

アドバイス

これらの相談事例は一例です。ほかにも新型コロナウイルスでお金に困っているといったオレオレ詐欺の事例も発生するなど、全国で新型コロナウイルスに便乗した悪質商法が多発しています。被害にあわないよう注意してください。「助成金がある」「お金が返ってくる」などの電話やメールは無視しましょう。絶対に口座情報を教えたり、キャッシュカードの暗証番号を教えたりしないでください。また、市のホームページに、新型コロナウイルスに便乗した悪質商法の事例を紹介していますので確認してください。気になることや対応に困ったことがあれば、生活情報センターに問い合わせてください。

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

お問い合わせ

八幡市役所 生活情報センター
電話: 075-983-8400 ファックス:075-983-8401

新型コロナウイルスに便乗した悪質商法にご注意!への別ルート

ページの先頭へ戻る