ページの先頭です

注文した覚えのない商品が届いたら?「送り付け商法」に注意!

[2021年9月7日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

特定商取引法の改正により、令和3年7月6日以降、注文や契約をしていないにもかかわらず、事業者から一方的に送り付けられた商品は直ちに処分できるようになりました。万一事業者から請求されても支払う必要はありません。誤って金銭を支払ってしまった場合は、事業者に返金を求めることができます。

カニなどの海産物やマスクなどを消費者に勝手に送り付けて金銭を請求する商法を「送り付け商法」と言います。「送り付け商法かわからない、もしかして誰かからのプレゼントかな」と思ったときは、受け取りを保留し、家族や発送元に確認しましょう。インターネットで注文した人が贈答の設定をしなかったために、荷物に注文者名が表示されなかったという事例がよくあります。また、忘れた頃に届いた懸賞の当選賞品だったという事例もあります。問い合わせ先がわからないとき、事業者に電話するのが不安なときは、生活情報センターへご相談ください。

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

お問い合わせ

八幡市役所 生活情報センター
電話: 075-983-8400 ファックス:075-983-8401

注文した覚えのない商品が届いたら?「送り付け商法」に注意!への別ルート

ページの先頭へ戻る