ページの先頭です

先天性代謝異常等の検査について

[2020年8月13日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

先天性代謝異常等検査採血料無料受検票の交付

下記の世帯に該当する方は、制度が利用できます。

  1. 生活保護法による被保護世帯
  2. 市町村民税非課税世帯
  3. 所得税非課税世帯

利用時間

先天性代謝異常等とは、生まれつき体の中の酵素の働きが悪いためや甲状腺ホルモン分泌が欠乏しているために、知的障がいや発育障がい等を起こす病気(先天性代謝異常症、先天性甲状腺機能低下症および先天性副腎過形成症)があります。

この病気を早く見つけ、知的障がい等が起こらないうちに治療(主として特殊栄養食)を開始する目的で、赤ちゃんが生まれて5日から7日目に足の裏からごくわずかの血液をとって検査が行われます。

この検査を希望される方は、山城北保健所(宇治市)または綴喜分室(京田辺市)に申請してください。後日山城北保健所から先天性代謝異常等検査無料受検票と請求書が発行され郵送されます。

(注)京都府内の医療機関で出産される方は…
「先天性代謝異常等検査採血料無料受検票」の交付を受けた方は、子どもが生まれたらすぐにこの受検票と請求書を添えて、医療機関の窓口に提出すると、検査料および採血・指導料が無料となります。

(注)他府県の医療機関で出産される方は…
他府県の医療機関で出産された方は、いったん医療機関で採血・指導料を支払ってもらった後、その領収書と無料受検票に請求書を添えて保健所に提出すると、支払われた金額の一部が返って来ます。なお、請求書用紙は保健所にあります。

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

お問い合わせ

八幡市役所健康部健康推進課

電話: (健康増進係)075-983-1116(予防係)983-1117(保健係)983-1115

ファックス: 075-982-7988

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る