ページの先頭です

乳がん検診

[2018年6月1日]

対象者

40歳以上の女性(平成31年3月31日現在)

※マンモグラフィ併用検診は2年に1回の受診となります。平成29年度に八幡市のマンモグラフィ併用検診を受診された方(クーポン券での受診含む)は平成30年度は申込できません。

マンモグラフィ2方向併用:40歳から49歳(平成31年3月31日現在)

マンモグラフィ1方向併用:50歳以上(平成31年3月31日現在)

※妊娠中もしくは妊娠の可能性のある方、ペースメーカーを装着している方、乳房形成術・豊胸術を受けたことのある方、胸部の皮下に医療用具を埋め込んでいる方{V-Pシャント術(水頭症のシャント術)、C-Vポート(薬液注入器具)など}は、受診できません。

※乳房に関してしこりや痛み、分泌物等気になる自覚症状がある場合は、乳がん検診ではなく、乳腺外来のある病院で診療を受けてください。

※厚生労働省が示す「がん予防重点健康教育およびがん検診実施のための指針」の一部が改正となり、視診、触診は推奨しないとされたため、本市においても平成30年度から、視触診を廃止とし、問診とマンモグラフィのみの検診とします。

母子健康センターでの検診をご希望の方

内容

問診、レントゲン車によるマンモグラフィ(乳房エックス線撮影)

通知時期

7月中旬に受診日時をお知らせします。

受診期間

平成30年9月頃(予定)

受診場所

母子健康センター

医療機関での検診をご希望の方

内容

問診、マンモグラフィ(乳房エックス線撮影)

二次申込期間

11月1日(木曜日)から平成31年1月31日(木曜日)まで

受診期間

平成30年7月2日(月曜日)から平成31年2月28日(木曜日)まで

ただし申込者多数の場合、医療機関の混乱を避けるために、受診期間を区切らせていただく可能性があります。

受診場所

京都府内の指定医療機関(綴喜管内は男山病院、京都八幡病院、田辺中央病院)

※京都府外(大阪府等)の医療機関では受診できません。

添付ファイル

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

受診推奨対象者

市ではがん検診促進のため、下記の生年月日の方(前年度中に40歳になった方)に申込みがなくても6月末に無料クーポン券を送付いたします。

この機会にぜひ受診してください。

※平成30年4月20日現在、八幡市に住民票・外国人登録のある下記の生年月日に該当する方

40歳:昭和52年(1977)4月2日から昭和53年(1978)4月1日

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

お問い合わせ

八幡市役所健康部健康推進課

電話: 075-983-1111(代表) ファックス: 075-982-7988

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る