ページの先頭です

新生児聴覚検査について

[2021年7月1日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

八幡市では、令和3年7月1日以降に生まれた新生児を対象に、新生児聴覚検査にかかる費用の一部について、公費負担を実施します。

生まれつき耳の聞こえにくいお子さんは、1,000人におよそ1~2人といわれています。

聞こえにくさを早期発見し、早期支援を行うことにより、コミュニケーションやことばの発達の面で大きな効果が得られるとされています。

新生児聴覚検査とは

新生児聴覚検査とは、生まれて間もない赤ちゃんを対象に行う耳のきこえの検査で、ABRまたはAABRと、OAEの種類があり、どちらの検査も痛みを伴わず、赤ちゃんが眠っている間に受けることができます。

検査結果は「正常(パス)」または「再検査(リファー)」のいずれかの結果がでます。

対象者

令和3年7月1日以降に出生した八幡市に住民票がある新生児。

(注)受診券をお持ちであっても、令和3年6月30日までに出生された赤ちゃんは対象とはなりませんのでご了承ください。

(注)生活保護費を受給されている方は、検査費用が生活保護費から支給されます。

(注)受検の時点で八幡市外に転出されている場合は対象となりません。

新生児聴覚検査の回数および助成額について

  1. 助成回数
    新生児1人につき、ABRまたはAABR、OAEのいずれか1回(初回検査)にかかる費用を一部助成します。
  2. 助成上限額
    (1)ABRまたはAABR:4,020円
    (2)OAE:1,500円

新生児聴覚検査の受診方法について

以下の2点を持参のうえ、委託医療機関等を受診してください。

  1. 母子健康手帳
  2. 八幡市新生児聴覚検査受診券

新生児聴覚検査受診券の交付

令和3年7月1日以降に妊娠の届出をされる方は、母子手帳交付の際に「新生児聴覚検査受診券」をお渡しします。

令和3年6月30日以前に母子健康手帳の交付を受けている方は、令和3年6月15日以降予定日となる方に郵送で通知。

受診券の使用方法について

  1. 使用する受診券には、児の生年月日、保護者氏名、住所、連絡先を記入してください。
  2. 検査を受ける際は、受診券を医療機関等の窓口に提出してください。

八幡市に転入される方、八幡市から転出される方の受診券の取扱いについて

八幡市に転入される方

八幡市に転入後は、前住所地で交付を受けた受診券は使用できなくなります。

転入後速やかに、市民課で転入のお手続きをおこなっていただくとともに、必ず健康推進課にお立ち寄りいただき、八幡市の受診券の交付を受けてください。

八幡市から転出される方

八幡市から転出後は、八幡市の受診券は使用できなくなります。

新生児聴覚検査の公費負担については、自治体によって実施の有無が異なりますので、転出先の市区町村へお問い合わせください。

新生児聴覚検査受診券を使用せずに受診された方について

令和3年6月30日以前に母子健康手帳の交付を受けた方で、新生児聴覚検査受診券の交付を受けずに医療機関等で検査を受けた方や、里帰り先の医療機関等で八幡市の新生児聴覚検査受診券が利用できない場合等、やむを得ない理由により、新生児聴覚検査費用を自己負担された場合は、検査費用の一部を新生児聴覚検査費用助成金として助成します。以下の必要書類等を健康推進課窓口までご申請ください。

申請に必要なもの

  1. 新生児聴覚検査費用助成金交付申請書
  2. 八幡市の新生児聴覚検査受診券(検査実施日・結果の記入があり、医療機関名の入ったもの)
  3. 医療機関等が発行する領収書原本
  4. 新生児聴覚検査費用助成金請求書

【注意】

  • 八幡市に住民票があり、令和3年7月1日以降に新生児聴覚検査を受けた方が対象です。
  • 八幡市から転出された場合は、転出日以降に受診された八幡市新生児聴覚検査の助成はできませんのでご注意ください。
  • 文書料(領収書発行に関する)の助成はありません。
  • 医療保険が適応された費用については助成できません。

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

お問い合わせ

八幡市役所健康部健康推進課

電話: (健康増進係)075-983-1116(予防係)983-1117(保健係)983-1115

ファックス: 075-982-7988

お問い合わせフォーム


新生児聴覚検査についてへの別ルート

ページの先頭へ戻る