ページの先頭です

市・府民税が課税されない人

[2019年12月5日]

均等割が課税されない人

  • 前の年の合計所得金額が次の金額以下の人
    本人だけの場合:31万5千円
    扶養親族がいる場合:31万5千円×(本人+扶養親族の人数(注1))+18万9千円

(注1)16歳未満で平成24年度から扶養控除の対象とならなくなった人も、この場合の扶養人数に含むことができます。

(注2)平成29年度以後の年度分の市民税・府民税の申告において、国外に居住する親族を扶養とする場合、「親族関係書類および送金関係書類」の添付または提示が必要です(給与・公的年金等所得者が扶養控除等申告書提出時に添付または提示している場合を除く)。

所得割が課税されない人

  • 前の年の総所得金額等が次の金額以下の人
    本人だけの場合:35万円
    扶養親族がいる場合:35万円×(本人+扶養親族の人数)+32万円
  • 所得控除の合計金額が、総所得金額を上まわる人
  • 障害者、未成年者、寡婦または寡夫で、前年の合計所得金額が125万円以下の人には均等割も所得割も課税されません。

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

お問い合わせ

八幡市役所市民部税務課

電話: (市民税係)075-983-2164、983-1113(資産税係)983-2480(収納係)983-2481、983-2698

ファックス: 075-982-7988

お問い合わせフォーム


市・府民税が課税されない人への別ルート

ページの先頭へ戻る