ページの先頭です

住民票等に旧氏(旧姓)を併記できます

[2020年6月1日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

住民基本台帳法施行令等の改正に伴い、令和元年11月5日から、住民票、印鑑登録証明書、マイナンバーカードに、旧氏(旧姓)を併記することができるようになりました。

これにより、婚姻等により氏に変更があった場合でも、従来称してきた氏が住民票等に記載されることとなります。

旧氏(旧姓)の記載を希望される方は、必要書類をご持参のうえ、市民課で手続きを行ってください。

(注)旧氏とは、その人の過去の戸籍上の氏のことです。

手続きに必要なもの

  • 旧氏(旧姓)が記載された戸籍謄本等 (旧氏(旧姓)が記載されている戸籍謄本等から現在の氏が記載されている戸籍に至るまでの、関係するすべての戸籍謄本等が必要になります。)
  • 本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード等)

なお、すでにマイナンバーカードをお持ちの場合には旧氏を追記しますので、ご持参ください。

詳しくは総務省ホームページをご覧ください。

「住民票、マイナンバーカード等への旧氏の併記について」へのリンク(別ウインドウで開く)

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

お問い合わせ

八幡市役所市民部市民課

電話: (窓口サービス係)075-983-2759(管理係)983-2793(年金係)983-2594

ファックス: 075-982-7988

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る