ページの先頭です

海外の医療機関で診療を受けたときの療養費の支給申請について

[2016年4月1日]

国民健康保険の被保険者が海外渡航中に負傷した場合や、疾病にかかった場合の費用について、いったん全額を現地で支払ったうえ、担当の医師等から証明をもらい、帰国後、市役所へ療養費支給申請をして頂きます。審査で認められれば支給されます。

※治療目的の渡航の場合は、該当しません。

※申請には個人番号(マイナンバー)の記入が必要になります。申請の際には、個人番号カードまたは個人番号通知カードと本人確認書類(運転免許証等)をご提示ください。

申請に必要なもの一覧表
申請書類等
 1 診療内容明細書
※指定の用紙がありますので、診療を受けた海外の医療機関で医師の証明を受けてください。用紙はページ下部からダウンロードできます。
※証明書発行の手数料は自己負担となります。

※診療内容明細書は各月ごと、入院、入院外ごとに付き一枚必要です。

 2 領収明細書
※指定の用紙がありますので、診療を受けた海外の医療機関で証明を受けてください。用紙はページ下部からダウンロードできます。(医科・歯科は別の様式となります。)
※証明書発行の手数料は自己負担となります。

※領収明細書は各月ごと、入院、入院外ごとに付き一枚必要です。
 3 診療内容明細書・領収明細書(上記1,2)の日本語訳文
※翻訳者の住所、氏名の記入が必要です。
※翻訳を業者に頼んだ場合の費用は自己負担となります。
 4 印鑑
 5 世帯主の預金口座(金融機関名、支店名、口座種別、口座番号のわかるもの)
 6 海外で治療を受けた方のパスポート
※帰国または再入国されてから申請してください。
※出入国時には必ずパスポートの証印(出入国スタンプ)を受けてください。証印が確認できない場合は、別に出入国に係る証明書をご提出いただきます。
(証明書の発行にあたっては、海外で受診した方が法務省に対してご請求いただく必要があります。)
 7 海外の医療機関に対して照会を行うことの同意書(調査に係る同意書)

※外貨換算は、支給決定処理時の外国為替換算率(売りレート)を用います。

※国内で健康保険の給付対象とならない医療行為に係る費用および室料・文書料などは含まれません。

※海外療養費の対象となる疾病などの範囲は、国内と同じです。保険適用とされていない臓器移植や人工受精等の不妊治療は対象となりません。また、治療目的の渡航の場合は、該当しません。

※帰国後に申請を行ってください。海外への送金は、いたしません。

※申請できる方は、受診時点に居住している八幡市国民健康保険加入者です。

※申請者は世帯主です。世帯主以外の口座に振込みを希望する場合は、療養費支給申請書に世帯主の記入・押印が必要です。

※申請期間は医療費等の代金を支払った日の翌日から2年間です。

※診療の内容等がわかる書類に不備がある場合には、支給できないこともあります。

※提出された申請書は、審査機関で医療行為が、適切であったかを審査します。そのため申請されてから、4か月ほど後の支給になります。

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

お問い合わせ

八幡市役所健康部国保医療課

電話: 075-983-1111(代表) ファックス: 075-982-7988

お問い合わせフォーム


海外の医療機関で診療を受けたときの療養費の支給申請についてへの別ルート

ページの先頭へ戻る