ページの先頭です

第三者行為(交通事故など)による届け出について

[2017年8月31日]

交通事故などにあったとき

  交通事故など、第三者の行為によってけがをした時の治療費は、本来加害者が負担しなければなりません。

  しかし、被害者が治療の間その費用を立て替えることが困難な場合は、届け出をすれば、国保の「保険証」を使って治療を受けることができます。

必ず国民健康保険の窓口へ届け出を!

 国保の「保険証」を使って治療をする場合、その治療費は国保が一時的に立て替えることになります。

 その治療費は、後日被害者の代わりに加害者へ請求することになっていますので、必ず窓口へ被害の届け出をしてください。

届け出に必要なもの(揃わないものは後日でも大丈夫です)

  •    印鑑
  •  保険証
  •  交通事故証明書 

※事故が発生した都道府県の「自動車安全運転センター」および警察署等で申請してください

  •  第三者の行為による傷病届
  •  事故発生状況報告書
  •  同意書

示談は慎重にしましょう

  加害者から治療費を受け取ったり、示談を済ませたりすると国保が使えなくなります。示談の前に窓口にご相談ください。

各種様式ダウンロード

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

お問い合わせ

八幡市役所健康部国保医療課

電話: 075-983-1111(代表) ファックス: 075-982-7988

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る