ページの先頭です

エアゾール式簡易消火具の不具合に注意してください

[2022年8月15日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

対象製品

ヤマトプロテック株式会社製「ヤマトボーイKT」および「FMボーイk」のうち以下の製造ロット番号に該当するもの。

ヤマトボーイKT
 製造ロット番号 KO331 KO331 KN326 KD317 K1426 K2407 K2420K3407 K3419  K4422 K7424

品質保証期間

2005.012005.022005.022005.032005.042005.052005.052005.062005.062005,07

2005.10

FMボーイK
 製造ロット番号 KN301 KN322 KD319 K1425 K2408 K2421 K3406 K3418 K4423 K7425
 品質保証期間 2005.02 2005.02 2005.03 2005.04 2005.05 2005.05 2005.06 2005.06 2005.07 2005.10

製造ロット番号と品質保証期間は、缶底に表示しています。

例えば、2005年10月に品質保証期間が過ぎる場合、以下のように記載されています。

(2005.10)

近年は事故認知件数も減少傾向となっておりますが、破裂事故による人的被害も確認されていることから注意してください。

当該製品の破裂事故を覚知した場合は八幡市消防本部予防課までお知らせください。

エアゾール式簡易消火具とは

エアゾール式簡易消火具はスプレー缶の形状をした簡易消火具。ノズルを押すことで内部の消火剤が噴出される。初期消火に有効とされる。消火剤は液体または、粉体で容器内に充填した窒素ガス等の圧力により、直線状または、放射剤を噴出して消火するものであり、家庭内の天ぷら油火災、石油ストーブの比較的小規模な火災に有効とされる。

事故原因

当該エアゾール式簡易消火具の消火薬剤により、アルミニウム製容器の内面の腐食が進行し、容器板厚が薄くなるとともに、腐食反応により発生した水素ガスにより容器内圧が高まり破裂するもの。

廃棄処分方法

当該エアゾール式簡易消火具は消火薬剤を放出することで、容器内の圧力が下がり破裂の危険が排除されるため、消費者自身での薬剤放出および廃棄処分を依頼しています。(ただし、消費者自身で薬剤放出等をできない場合は回収により対応。)

この件に関するお問い合わせ等

ヤマトプロテック株式会社

お客様相談窓口電話番号:0120-801-084

受付時間:月曜日から金曜日(祝日除く)、午前9時から午後5時

添付ファイル

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

お問い合わせ

八幡市役所消防本部予防課

電話: 075-981-0304

ファックス: 075-971-9886

お問い合わせフォーム


エアゾール式簡易消火具の不具合に注意してくださいへの別ルート

ページの先頭へ戻る