ページの先頭です

療養費支給制度

[2016年4月1日]

次のような場合はいったん全額自己負担となりますが、国保の窓口へ申請し審査で決定すれば、前ページの表の自己負担分を除いた額が、あとで療養費として支給されます。

費用を支払った日の翌日から2年たつと支給されなくなりますので、ご注意ください。

申請に必要なもの

※申請の際には必ず下記のほかに、印鑑・保険証・振込先のわかるものが必要になります。また、申請には個人番号(マイナンバー)の記入が必要になりますので、個人番号カードまたは個人番号通知カードと本人確認書類(運転免許証等)をご提示ください。

医師が治療上必要と認めた、治療用装具(コルセットなど)代

領収書・医師の意見書か診断書・補装具装着証明書

※治療用装具については、支給限度額が定められています。

骨折や捻挫などで国保を扱っていない柔道整復師(接骨院など)の施術を受けたとき

施術内容のわかる明細書と領収書

はり・灸・あんま・マッサージなどの施術を受けたとき

施術内容のわかる明細書と領収書・医師の同意書

※医師の同意が必要です。

やむを得ない理由で保険証を持たずに診療を受けたとき

診療内容のわかる明細書と領収書

海外渡航中にお医者さんにかかったとき

診療内容のわかる明細書と領収明細書(外国語で作成されている場合は日本語訳が必要です)・海外への渡航期間がわかる証明(パスポート等)

※診療目的の渡航の場合は支給されません。

手術などで輸血に用いた生血代(医師が必要と認めた場合で、第三者にかぎります)

医師の意見書か診断書・輸血用生血液受領証明書・血液提供者の領収書

申請書ダウンロード

添付ファイル

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

お問い合わせ

八幡市役所健康部国保医療課

電話: 075-983-1111(代表) ファックス: 075-982-7988

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る