ページの先頭です

遺跡内での土木工事等に伴う手続き 遺跡地図について

[2014年3月17日]

埋蔵文化財包蔵地にかかる場合の手続き

工事計画をしたら

計画地が遺跡の範囲か確認してください。

リンクはこちらから 遺跡地図がインターネットで見られます

遺跡の範囲なら

  1. 工事計画を円滑にすすめるため、できる限り事前にご協議ください。
     計画地に重要な遺跡がある場合、工事計画全体に甚大な影響を及ぼすことがあります。
  2. 掘削など着手日の60日以前に、「埋蔵文化財発掘の届出」の提出が義務付けられています

「埋蔵文化財発掘の届出」書式

届出書には下記の図面を添付し、2部提出してください。

(図面が多い場合、1部は縮小してA4版に統一してください。)

添付図面

  • 位置図
     開発位置のわかる10,000分の1から2,500分の1程度のもの(住宅地図は避けてください)。
  • 平面図
     敷地内で工事計画のわかる配置図的なもの。
  • 立面図
     造成する場合は切土・盛土の規模がわかるもの。
  • 基礎伏図・基礎断面図
     
    基礎構造のわかる図面。必ず添付してください。

土地所有者と届出者が異なる場合は、土地所有者の承諾書を添付してください。

承諾書は委任状とは別に必要。

ダウンロード

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

「承諾書」書式

届出は文化財保護課に持参いただくか、下記まで郵送してください。

郵送の場合は、下の3点を特に確認のうえお願いします。

  1. 代理人の連絡先を明記
  2. 2部に届出人印鑑
  3. 図面は揃っていますか?

届出提出後

1.届出受理後、発掘調査・立会調査・慎重工事の判断をして連絡いたします。

※発掘調査に要する費用は事業者負担です。

設計変更で発掘調査を回避できることがあるので、事前の協議をお願いしています。

  • 発掘調査(本発掘・試掘確認)
     調査日程・方法など継続協議します。
  • 立会調査
     掘削時に職員が立ち会います。着手日が決まれば下記に連絡してください。

2.京都府から「周知の埋蔵文化財包蔵地における土木工事等について(通知)」が交付され、代理人宛に郵送します。工事は通知確認後に行ってください。通知交付には半月程かかります。

八幡市遺跡地図について

平成22年度の遺跡地図改訂に伴い、インターネットで閲覧することが可能になりました。

リンクはこちらから 遺跡地図がインターネットで見られます

開発業者の皆さんへ

「八幡市遺跡地図2005年版」の遺跡範囲が改訂されました。変更箇所は上のリンクを参照してください。

遺跡の範囲はその性質上新しいデータにより変更される場合があります。最終確認は必ず文化財保護課に問い合わせてください。

連絡先・届け出窓口

八幡市教育委員会 文化財保護課
(八幡市立ふるさと学習館・旧八幡東小学校内)
所在地 〒614-8022 京都府八幡市八幡東浦5番地
電話 (075)972-2580 FAX (075)972-2588

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

お問い合わせ

八幡市役所教育部文化財保護課

電話: 075-972-2580 ファックス: 075-972-2588

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る