ページの先頭です

石清水八幡宮本社が国宝に指定されました

[2016年2月9日]

「石清水八幡宮本社」が国宝に指定されました

平成28年2月9日「石清水八幡宮本社」10棟が正式に国宝に指定されました。

本市において初めての国宝となります。

「石清水八幡宮本社」について

石清水八幡宮本社の社殿は、寛永11(1634)年に造替されました。

八幡造形式の本殿と、前面に連なる幣殿および舞殿等を瑞籬と廻廊で囲み、緊密に一体化した社殿です。

今回の国宝指定は、古代に成立した荘厳な社殿形式を保持しつつ、近世的な装飾を兼備した完成度の高い神社建築として、高い価値を有していることが、評価されたものです。

国宝指定された文化財(それぞれの名前をクリックすると、関連ページへ遷移します)

「本殿」関連ページバナー 画像
「摂社竹内社本殿」関連ページバナー 画像
「瑞籬」関連ページバナー 画像
「幣殿および舞殿」関連ページバナー 画像
「楼門」関連ページバナー 画像
「東門」関連ページバナー 画像
「西門」関連ページバナー 画像
「回廊(3棟)」関連ページバナー 画像
「附 棟札」関連ページバナー 画像
「石清水八幡宮本社10棟」位置図 画像

リンク

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

お問い合わせ

八幡市役所教育部文化財保護課

電話: 075-972-2580 ファックス: 075-972-2588

お問い合わせフォーム


石清水八幡宮本社が国宝に指定されましたへの別ルート

ページの先頭へ戻る